正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も

増える非正規社員の正社員化には落とし穴もJapan Business Pressパートなど非正規社員の給料が大幅に上昇する一方、正社員の給料はなかなか上がらないという、一種の逆転現象が起きている。
背景にあるのは、終身雇用と年功序列をベースにした日本型雇用環境と慢性的な人手不足である。政府は企業に対して賃上げを強く求めているが、現状の雇用環境が継続する限り、正社員の給料は上がりにくいだろう。上昇する派遣社員の賃金やパートの時給パーソルテンプスタッフやマンパワーグループなど人材派遣大手は、2018年から一般事務派遣料金を大幅に引き上げる。値上げの直接的な理由は労働契約法の改正で、5年を超える有期雇用の派遣社員を無期雇用に転換する必要が出てきたことである。無期雇用の場合、次の派遣先が決まるまでの期間中も給与を支払う必要があるため、派遣会社にとってはコスト増加要因になる。だが各社が大幅な値上げに踏み切るのは、法改正だけが原因ではない。慢性的な人手不足から派遣事務への需要が高まっており、派遣社員の賃金が上昇したことも大きく影響している。2017年7~9月期の派遣社員の実稼働者総数は前年同期比で8.1%の増加だった(日本人材派遣協会調べ)。昨年は5.1%なので今年に入って需要が大きく伸びていることが分かる。需要増加に伴って賃金も上昇しており、三大都市圏の10月における派遣労働者の平均時給は1652円と前年同月比プラス2.4%の伸びとなった(ジョブズリサーチセンター調べ)。
パートタイム労働者の賃金にも同じような傾向が見て取れる。パートタイム労働者の平均時給は2013年と2016年を比較すると約4.4%の増加だが、全労働者の平
均時給は1.7%しか増えていない。このデータにはパートタイム労働者も含まれているので、正社員に限定すれば、数字はさらに小さくなる可能性がある。
2017年については、冬のボーナスのデータがまとまっていないので数字は確定していない。だが、年前半に限って言えば、全労働者の時給が0.54%の伸びにとど
まったのに対して、パートタイム労働者の時給は2.5%も上がっている。
もっとも、日本では同一労働、同一賃金が成立しておらず、正社員とそれ以外の社員との間には身分格差と揶揄されるほどの違いがある。平均時給も正社員の方
がはるかに高いので、非正規社員の賃金増加は、これまでの格差を埋めているに過ぎないとの見方もできる。だが正社員の年収が低く、長時間のサービス残業が
横行しているような企業の場合、実質的に派遣社員の方が時給が高いというケースも出てくるだろう。